tsuyu-note

めんつゆが買ったものとか勉強したことをつらつら書くよ。

Amazon echoでスマートホーム化【指定フレーズでまとめて制御編】

echoの設定第4弾。「いってきます」などの指定フレーズで、家電のオンオフができるよう設定していきます。  

 

Amazon echoでスマートホーム化【指定フレーズでまとめて制御編】

f:id:mentsuyu-san:20190629064413p:plain

 

  1. Amazon echoでスマートホーム化【初期設定~天気の確認まで】
  2. Amazon echoでスマートホーム化【Smart-Life(スマートライフ)の制御編】
  3. Amazon echoでスマートホーム化【eHome(イーホーム)の制御編】
  4. Amazon echoでスマートホーム化【指定フレーズでまとめて制御編】
  5. Amazon echoでスマートホーム化【番外編 アレクサとお話ししてみた】

 

今回もechoの設定をしていきます。今回は指定フレーズでまとめて制御編です。

 

 

指定フレーズでデバイスをまとめて制御

今回は「定型アクション」という項目に

  • フレーズ:どのキーワードを使用するか(例:いってきます)
  • アクション:どの家電をどうするか(例:エアコンの電源をオフ)

を設定します。

 

また定型アクションで家電を操作をする場合

  • スキルを追加済みであること
  • デバイスを追加済みであること

が前提条件となります。

 

まだの人は先に設定しておきましょう。あわせて初期設定のリンクも貼っておきます。

Amazon echoでスマートホーム化【初期設定~天気の確認まで】 - tsuyu-note

Amazon echoでスマートホーム化【Smart-Life(スマートライフ)の制御編】 - tsuyu-note

Amazon echoでスマートホーム化【eHome(イーホーム)の制御編】 - tsuyu-note

 

 

それでは設定していきましょう。「定型アクション」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623122101p:plain

 

右上の「+」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120245p:plain


「実行条件を設定」の「+」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120311p:plain


「開始フレーズを設定」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120333p:plain


フレーズを入力します。今回は「おやすみなさい」で、まとめて家電の電源をオフにしようと思います。入力したら「次へ」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120355p:plain


次に「アクションを追加」の「+」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120425p:plain


「スマートホーム」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120453p:plain


「デバイスをコントロール」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120523p:plain


制御したい家電を選択します。ここでは「テレビ」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120602p:plain


「電源」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120634p:plain


「オフ」を選択して、さらに「次へ」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120658p:plain


右上の「保存」を選択したら完了です。

f:id:mentsuyu-san:20190623120726p:plain

 

これと同様の設定を以下の指定フレーズで設定しました。

  • おはよう:間接照明、テレビ電源オン
  • いってきます:全家電電源オフ

 

カレンダーの設定

f:id:mentsuyu-san:20190629084703j:plain

指定フレーズ「おはよう」の定型アクションに、今日の予定の読み上げを追加しましょう。今日の予定を追加する前に、echoにカレンダーの設定を追加します。

 

見てもらえたらわかると思うのですが、実はこの項目に使用しているスクリーンショットの画質があまりよくないです。画像がなくてもスクリーンショットの上の「〇〇を選択して次へ」で、設定できるようになっております。画像はあくまで参考程度にしてください。

 

「設定」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623122101p:plain

 

「カレンダー」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190629085549p:plain

 

echoで使用できるカレンダーは以下の3種類のようです。

私はGoogleカレンダーにしました。

  1. Google
  2. Microsoft
  3. Apple

f:id:mentsuyu-san:20190629081017j:image

 

「CONTINUE」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190629082654j:plain

 

Googleに登録しているメールアドレス(または電話番号)を入力、「次へ」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190629081014j:image

 ↓

f:id:mentsuyu-san:20190629083032j:plain

 ↓

f:id:mentsuyu-san:20190629083154j:plain

 

「完了しました」のメッセージが出たら終わりです。

右上の「×」を選択します。
f:id:mentsuyu-san:20190629081023j:image

 

今日の予定読み上げ

f:id:mentsuyu-san:20190629090236j:plain

引き続き今日の予定を読み上げるよう、設定していきましょう。

 

「定型アクション」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623122101p:plain

 

今回は作成済みの定型アクション「アレクサ、おはよう」に追加します。

新しく定型アクション選択する場合、右上の「+」を選択してください。

f:id:mentsuyu-san:20190630081624p:plain

 

「アクションを追加」の「+」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190629091428j:plain
 
「カレンダー」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623120453p:plain

  

「今日の予定」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623121028p:plain

 

 右上の「次へ」を選択します。

f:id:mentsuyu-san:20190623121049p:plain

 

 他のアクションと異なる点は「リクエストに使用するデバイス」という項目です。ここでは「Echo Dot」を選択します。これで設定完了です。

f:id:mentsuyu-san:20190623121116p:plain

f:id:mentsuyu-san:20190623212149p:plain

 

まとめ

f:id:mentsuyu-san:20190623212613j:plain

この記事では以下の流れで設定を行いました。

  • 指定フレーズを決める
  • 制御するデバイス、アクションを設定
  • カレンダーを設定
  • 定型アクションにカレンダーの予定読み上げを追加

次の記事ではechoに呼びかけをしたときに、どんな返事がかえってきたかを書こうと思います。